「コントロールよく投球・送球したい!」これは野球少年の願いですよね。

その為に取り組んで頂きたい練習方法をご紹介します。

【自宅】で【一人】で【いつでも】できる練習で特別な道具も必要ありません!

【天井スローイング】という練習方法で、家で寝転がり、天井にむかってボールを地面に垂直に投げる練習です。

これは肘から手首と指先でボールを投げる練習になります。

また、ボールの回転などを意識すると段々と伸びのある球を投げられるようになります。

動作のポイントは肘・手首・指先です。

ボールは気持ち軽く握って、手首をやわらかく使い、指先の動も意識しながら、ボールを真上に投げるのがコツです。

参考となる動画を見つけました!(youtubeより)

落ちてきたボールを寝ころんだままキャッチすれば、繰り返し行えます。

自宅での練習なのでゴムボールかウレタンボールを使用してください。

ミスなく何回連続でできるか挑戦してみてください!

内野手の送球では不可欠なスナップスローの練習にもなりますし、コントロール向上にも効果的です。

自宅で宿題の合間や寝る前などを利用して、手軽にできる練習方法です。

野球を始めたばかりの小さなお子さんには、まだ難しい練習方法ですが、キャッチボールができるようになってきた位からは、是非この【天井スローイング】の練習も取り入れてみてください!