バッティングの第一歩はまずバットをボールにあてる事ですよね。

まずはその練習から始めましょう。
ボールの位置はベルトより少し下にセットして下さい。

打とうという気持ちが強くバットを振り回すとボールとバットの距離は離れ空振りします。
力まずにリラックスして、
最初は頭を動かさずボールをしっかりみながら、体の回転だけで打つ練習をしましょう。
体を回転して打つ練習は将来の体重を移動しながら打つ技術にも活かすことができるはずです。

1.バットをボールに近づけます。
2.バットをボールから離します。
3.体を回転させて打ちます。

※注意点 バットを振り回さない・頭を動かさずボールをしっかりみる。

とにもかくにも、バットをボールに当てる事からバッティングは始まります。
野球を始めたばかりのお子さんは、打とうと気がはやるので、バットを振り回してしまいます。
また頭が動くとバットとボールがあたる瞬間をみていない事が多いので、正確にミートする事ができません。
少し抽象的な表現ですが 打つではなく当てる イメージをお子様に伝えてあげて下さい。

野球を始めたばかりのバッティング練習は
・リラックスする事(打つ前に深呼吸)
・バットは振り回さず体の回転でボールに当てる
・頭は動かさずボールを凝視する。
この3点を意識して練習しましょう!